出会いを大切に
いつの時も寄り添い 自然に優しいお庭つくりを
私たちは 大切にしています

お庭はもうひとつの 大切な空間

想いも 様々です

 

都会のバルコニーから 広さいっぱいのお庭まで 

植栽プラン 施工計画など 常に寄り添い

お庭造りのご提案をしてまいります

 

たったひとつの 心安らぐお気に入りの場所として

ひとつひとつのニーズ ライフスタイルを大切に 

自然のエッセンスを取り入れた たったひとつの心安らぐ夢の庭を 

私たちは かならず かたちにいたします

News


 お知らせやニュースレターをご希望の方は’配信希望’とご連絡を頂けると幸いです。


Makiko Sato

東京生まれ。

帝国ホテル勤務を経て、園芸学を学ぶ為に渡英。

英国、リトルカレッジにて園芸学、ガーデンデザインを学ぶ。 英国王立園芸協会主催チェルシーフラワーショーでは、ショーコーディネーターとして2004年より日本からの出展者を含む数々のメダル受賞作に貢献。また、日本においても長崎ハウステンボスで行われるガーデニングワールドカップにおいて、英国 チェルシーフラワーショーで数々の金賞を受賞しているガーデンデザイナー、セイラ・エバリー、アンディー・スタージョンのコーディネーターを務める。

‘7歳になる頃、建築家だった父は、自然と触れ合う生活の中で私を育てたいとの想いもあり東京を離れました。それは今の私にとって大切なルーツとなっています。

未来へ向けて、世界の共存、融合を願う気持ちを込めて、花や緑が自然の中で放つ魅力を精一杯生かしたお庭つくりをしてまいります。

自然が奏でる幸せな瞬間、心地よいと感じて頂ける空間つくりを探求し続け、庭物語を紡いでまいります。- makiko’

Photo by Shu Tomioka
Photo by Shu Tomioka